導入事例

「機械稼働を”見える化”」して、工数・時間・保全を改善! 工場・製造現場管理集計システム「ms-machine monitor」

  • 生産性向上
  • 機能性向上
  • 環境改善
  • 課題

    機械「稼働状況」判らず無稼働時間発生

    機械「停止の要因」判らず再発防止へ繋げない。

  • 解決策

    全機械から現在の稼働状況を自動取得へ

    紐付けられた自動作成レポートで分析

    バーコード/タブレットで操作簡易化

  • 成果

    リアルタイムモニタリングで「無稼働時間」抑制

    紐付けられた自動作成レポートで「再発防止」

    バーコード/タブレットで「停止要因を素早く入力・共有」

課題の背景

稼働状況確認手段は現場での目視のみ。離れた場所でも稼働状況を把握して、機械のアイドルタイムを改善したい。

自動車部品製造メーカK社は、NC機械・汎用機械・ライン(PLC)と様々な種類の機械を使用して日々ものづくりをされている企業。

米沢工機にはもともと機械設備の見積依頼をいただいておりました。見積詳細をつめるためにお打ち合わせをする中で、現場に入る機会を頂いた。

現場は新旧の機械が混在。機械の前で立ち話をしていると、加工は終わっているのに作業担当者が一向に現れない機械があることに気がついた。それとなく、打合担当にそのことを告げると「今は機械の稼働状況を一括監視する手段が社内になくて、トラブル停止や加工完了してアイドリングしてしまう機械がある」と言いながら、事務所にいる担当者へ内線電話をかけていた。

そこで米沢工機営業担当から、機械検討と並行して、「現場にあるすべての機械稼働状況を把握することで、機械アイドルタイムを改善できるので、そうなればより生産性向上していただける。ご提案させて欲しい」とお声がけさせて頂きました。

選んだ理由

工場内の機械稼働を一元管理し、機械稼働状況の把握改善へつなげられる支援ソフトウェアを検討することになった。現場の現状課題を調査していくと、機械との接続工事、ソフトウェア面の改良も必要なことが予想された。

将来的な構想として基幹システム他とのソフト連携も考えられることもあり、オールインワン対応提案した米沢工機&マシンソル社の提案を採用いただいた。

解決策の背景

難しいことはおまかせでOK!新旧の機械との接続工事、ソフトウェア調整、アフターまでまとめて解決!

機械設備と併せて、マシンソル社様の ”ms-machine monitor”をご提案。

【ms-machine monitorで実現出来ること】
・全機械から現在の稼働状況を自動取得
・バーコード/タブレットで操作簡易化
・トラブル発生時、PCやモバイルへアラート配信
・製品・人・機械、作業情報を紐づけ、日報に流用
・メンテ時期の割り出し機能

マシンソル社様では、古い設備や複数の製造メーカ製品の混在した現場へのご提案も実績豊富。また、米沢工機が窓口となり、お客様・マシンソル様・設備メーカと段取りすることで、お客様側での管理や各種手配といった煩わしさを無くします。

成果の背景

機械の有効稼働時間が増加!加工機の稼働時間があがり、機械担当者の負荷削減!

・リアルタイムモニタリングで「無稼働時間」抑制
・バーコード/タブレットで「停止要因を素早く入力・共有」しレポートへ情報集約
・アラート通知で迅速な「稼働復帰対応」が実現
・「出力資料を日報」へ利用。担当者の時短実現&負荷削減
・「機器推奨メンテ時期」のお知らせ機能で保全に貢献

”ms-machine monitor”により、機械のリアルタイムにモニタリングできるようになり、トラブル停止においても即発見し復旧対応が可能に。機械の有効稼働時間が増え、生産向上へ直結した。日報に関しても、「製品・人・機械」の情報が紐づけられて集計されている出力レポートを日報として活用することで、日報作成も自動化できた。また、現場では、機械のメンテナンス時期を自動でお知らせしてくれる機能も役立っている。

<米沢工機担当 後記>

米沢工機はモノを売るだけでは留まりません。お客様とメーカ様の”潤滑油”となり、インテグレートソリューションをご提供致します。各種工場内ソリューションにつきましてはお気軽にお問い合わせ下さい。お客様の課題解決に向けて豊富な提案をご用意いたしております。

CONTACT

お問い合わせは
お電話でも

03 3703 2131
(受付時間:平日 9:00 - 17:00)