導入事例

「海外進出」おまかせください!『メキシコへの事業展開』、日本拠点の設備輸出支援から、設備や資材の現地調達も踏まえたグローバルサポートをご提供。

  • 移設
  • 海外進出
  • 海外業務効率化
  • 課題

    【輸送/通関】メキシコ工場へ日本で製造した部品や生産設備を輸出したい。

    【計画厳守】メキシコ工場への設備搬入立上げを計画日程通りに進めたい。

    【現地支援】工場搬入後も設備全体のサポートをして欲しい。

    【継続支援】定期的に日本からも消耗品や資材を調達したい。

  • 解決策

    一括管理でスムーズな貿易業務を提供!米沢工機が窓口となり一貫した輸出サポート

    米沢工機のグローバルネットワークで安心!輸出手配、海外における輸入や陸送手配、現地立上げまでトータルサポート。

    導入後もメキシコ工場に対してグローバルに継続サポート

  • 成果

    【工数短縮】輸出入業務にかかる負担や時間の短縮を実現。

    【リスク回避】米沢工機の仲介により、不要な延滞・追加コスト発生リスクを低減。

    【計画遵守】米沢工機の手配で予定通りの輸入通関日程に向けて遅延リスク削減。

    【アフター】現地に対して国内外からサポート、より快適な作業環境を実現。

課題の背景

メキシコ工場への生産設備移設をサポートしてくれる企業を探していた。

本社を日本に置く輸送機器メーカM社は、メキシコへ新たな生産工場を設立。

日本国内で製造した部品の輸出、また生産設備をメキシコへ移設し生産体制を強化する計画を進められていた。当初、M社では自社で輸出業務推進を検討。一方で、ご担当含めメキシコ輸送に携わられてから日も浅く、輸出する点数も非常に多い為、通関の段取りや計画日程遵守に不安を感じており、計画をサポートしてくれる企業を探していた。

<補足>
通関事情は、国ごとに異なります。例えばメキシコ国は、現地輸入の際「プレビオ※」という事前検査方法があります。輸出入作業に慣れていない場合、申請不備などが発生し、遅延、納期遅延を起こしやすい国の1つ。

※:「プレビオ」とその背景

プレビオは、輸入手続の前に、メキシコ通関事業者が自主的に行う内容点検のことです。法的な義務はありませんが、申告内容と現物に不一致がないかどうか、通関業者がコンテナを開けて貨物を事前検査します。

実施背景に、メキシコにおける通関事業者に対しての重い責任と罰則があります。
メキシコ通関法において、通関業者と輸送業者は「輸入者の法的責任の連帯責任者」。例えば、輸入される貨物の数量が インボイス上の数量より多い場合や( 数量超過分は「密輸」とみなされます )、また、危険薬物・禁制品がコンテナ内に隠されていた等の場合、通関業者自身も罰せられ、最悪、自身の通関士ライセンスまで取り上げられてしまう恐れがあり、通関事業者は自らの保身の意味でも実施している部分もあります。

プレビオは、通関におけるタイムロスの大きな原因となっています。米沢工機では、プレビオを円滑に進められるよう輸出準備に対応いたします。

選んだ理由

メキシコ工場現地スタッフから日本側担当者へ、「メキシコ国内でやりとりしている"YONEZAWA MEXICO"は、本社が日本にあり、通関申請含めて日本~メキシコの作業をまとめてサポートしてくれる。事後もフォローしてもらいやすい。同社へ相談してはどうか」との情報提供をうけ、各担当交えて打合せを行い、最終的に米沢工機を採用。

解決策の背景

米沢工機でまとめて管理。担当間のやりとりも1本化、スムーズな通関~納入立上げをご提供。

米沢工機では担当営業からの対応と併せ、通関手続き担当がバックオフィスでサポートしております。大量の設備輸送が必要なケースも、米沢工機でまとめ、お客さま側の管理や負担を軽減。あわせて、米沢工機の各海外拠点向け定期便等も活用することで、コスト圧縮もご提案できるケースもございます※該当しない場合もございます

また、輸出作業完了後も、他のご相談ごとも含めて継続的なサポートをご提供いたします。

成果の背景

メキシコ工場への現地搬入計画も予定の日程通り完了!トータルで改善成果!

・【効率化】
自社内での輸出入業務を減らし、別作業へ時間を有効活用。

・【リスク回避/計画遵守】
メキシコ輸送に関して、無駄な遅延やストップ、追加費用の発生するケースが減った。

・【コスト圧縮】
米沢工機の定期便等輸送活用の提案を採用、輸送費のコストダウンにつながった。

・【アフター】
メキシコへ納入実績のあるアイテムを、米沢工機定期便で他国にも輸送。手間、コストの削減につながった。

通関は、国ごとに異なる通関規制があり、毎年少しずつ変化もあります。米沢工機では変更点をキャッチし規定に沿った申請、円滑な輸送納入を実現するだけでなく、弊社グローバルネットワーク、パートナー企業さま、輸送サービスを活用し、お客さまへ最大限貢献します。

今後YONEZAWAへ期待する事

海外輸送も協力を継続。他の業者と比べても通関業務が早く、突発的な事態にも迅速に対応していただき助かっている。現地サポートに関しても、米沢メキシコに対応いただいている。今後も輸出入業務や納入期限厳守、また引き続き現地対応にも期待。

<米沢工機: 担当後記>
米沢工機は、これまでに複数の国へ出店し、各国現地にてお客さまサポートをし続けてまいりました。海外事業展開にかかわる疑問、相談してみたい等、ご希望ございましたら、米沢工機へぜひご相談ください。

CONTACT

お問い合わせは
お電話でも

03 3703 2131
(受付時間:平日 9:00 - 17:00)