導入事例

【番外編】タイ洪水からの復興プロジェクト

  • 機械設備
  • 修理/メンテ
  • 移設
  • 海外進出
  • 生産性向上
  • 設備改善
  • 機能性向上
  • 海外業務効率化
  • 環境改善

課題の背景

今回はグローバル支援の事例をご紹介します。

2011年秋 タイ・アユタヤを襲った未曾有の大洪水とその復興への取り組み。

熱帯性気候に分類され雨季のあるタイ国であっても2011年は特に雨の多い年でした。

10月初旬頃、台風8号により降り続いた雨によりタイ北部で鉄砲水が発生。チャオプラヤ川流域が水没し、アユタヤ地域の工業団地、複数のお客さまの工場でも甚大な浸水被害がありました。
止まった電気供給、水と泥の溜まった工場、浸水してしまった機材や生産設備。
生産が完全ストップしてしまったお客さま。いち早くこの状況を回復するためには。

解決策の背景

米沢工機日本本社側で対策室を設置。
日本国内にて、タイ現地で必要な機材を各所から探し輸出までを総力で実施。
輸出貨物の中には経産省への輸出許可が必要な該当機も含まれており、貿易書類も山のように。
タイ現地側では、連日昼夜問わず現地スタッフが、お客さまと連携しながら工場の清掃、
現地輸入、設備搬入立上作業をご対応し続けました。

お客さま、工作機メーカ各社と駆け抜けた怒涛の2ヶ月。

そこからようやく、徐々にではあるものの、お客さまの状況は改善方向にむかわれました。

成果の背景

お客さまが困っている。
なんとかしなくてはと必死に対応し続けた結果でした。
他方、普段からお客様やメーカーと「誠実に一生懸命に」を常に心がけて築かれてきた関係性があったからこその結果とも言えます。

お客さまから本当に困ったときに真っ先に連絡が来る。
ご担当者から、厳しい要望も含めて優先して聞いてもらえて助かったと声をかけて頂いた。
また、米沢工機社内間の結束力も、このプロジェクトに大きく貢献できた要因だと強く感じます。

-----

米沢工機では国内外を問わず、すべてのユーザが満足することに全力を尽くします。
生産ラインや自動化、各種課題等ございましたらぜひお問い合わせください。

本件詳細はこちらの記事でもお読みいただけます↓
タイ災害復興プロジェクト / ストーリー

CONTACT

お問い合わせは
お電話でも

03 3703 2131
(受付時間:平日 9:00 - 17:00)