導入事例

【機械メンテナンス保守】費用対効果?三菱の ”機械メンテナンス保守契約"

  • 修理/メンテ
  • 生産性向上
  • 環境改善

課題の背景

機械のメンテナンス保守契約は不要だという話を聞くことがありますが、実際のところどうなのでしょうか?

もし本当に不要なら、わざわざ入りたくないですよね。しかし、その一方で保守契約があったから助かったと言っている人もいます。いったいどちらが正しいでしょうか?

ここでは保守契約が不要というのはどういうことなのかを掘り下げ、保守の費用対効果と、実際にかかる保守費用と2つの面から、保守が不要か必要かを検証します。この記事を読めば、貴社にとって保守契約が不要か必要かご判断いただく手助けになります。



三菱電機・機械メンテナンス保守契約の特徴は大きく「2つ」。

例えば、ワイヤ放電機向けの保守契約「ライフサポートプラン20」には、『年2回の無償訪問メンテナンス』『部品への特典』が含まれています。

●「訪問メンテナンス」
●「部品購入の特別割引&部品購入ポイント」

「訪問メンテナンス」年2回の無償訪問メンテナンスでは、入念な手入れを実施します。
外せる部品はばらばらにして、洗浄機等できれいに清掃。また経年劣化部品は新品へ交換。交換部品に関しては有償ですが、契約者には”特別価格”が適用されさらに「部品購入ポイント」というものがつきます。

「部品購入ポイント」は、別途、修理や精度点検の際にあてがうことの出来るお得なポイントです。
普段の一部消耗品の購入の際にも割引とポイント還元がありますので、機械活用度が高い企業様ほど加入メリットが大きくなると言えます。



機械は整備しないと当然調子が悪くなります。

機械が稼働できなくなった場合、生産計画と売上への直接的な影響は避けられません。計画の遅延、納期の遅れ、売上機会の損失など、企業にとって深刻な損失が発生します。

日々の機器保全は、こうした損失を防ぐために不可欠です。しかし、機械ご担当者様にとって、日々の業務に加えて保全を行うのは負担が大きくなります。

時間確保の難しさ、専門知識やスキルの不足、人材不足などが課題として挙げられます。



日々の整備に煩わせられない、生産をとめない

メンテナンス保守に加入いただくことで「整備に煩わせられない」だけでなく、「機械を止めない=生産・売上を止めない」状態の維持が獲得できます。

●導入事例
メーカーA社:メンテナンス保守契約導入により、機械稼働率向上し、年間売上増加を実現。
メーカーB社:予期せぬ機械故障による生産停止を90%削減し、安定供給と顧客満足度向上を実現。



年間費用について



メンテナンス保守契約の年間費用は、単なるコストではなく、生産性向上とリスク回避のための投資とお考えいただけます。




まとめ:機械メンテナンス保守契約が不要とする人もいるが、最終的には、投資への貴社の価値観。

多くの企業にとって、機械の稼働停止は大きな損失となります。予期せぬ故障による生産停止は、売上減少や納期遅延など、深刻な影響を及ぼす可能性があります。

近年、機械の複雑化や高精度化に伴い、故障リスクはますます高まっています。こうした状況下で、メンテナンス保守契約は、機械の安定稼働とリスク回避に不可欠なツールとして注目されています。

●メンテナンス保守契約のメリット
予防的なメンテナンスによる故障リスクの低減
迅速な修理対応による稼働時間の最大化
計画的なコスト管理による予算の安定化
専門知識による最適なメンテナンス
安心感と信頼性の向上

●メンテナンス保守契約の必要性を判断するポイント
機械の種類・年式・故障リスク
御社の貯蓄状況
リスクに対する許容度
安心感への価値

機械のメンテナンス保守契約は、企業にとって重要な投資です。
弊社では、お客様の状況やニーズに合わせた最適な契約プランをご提案いたします。
無料相談も実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

CONTACT

お問い合わせは
お電話でも

03 3703 2131
(受付時間:平日 9:00 - 17:00)